保育士の資格を取ろう|憧れの職業に就くには

男女

児童福祉施設での実務経験

保育士の資格を取得するには、専門の養成学校に行くほかに、保育士資格試験に合格するという方法があります。受験資格としては、高校卒業後に大学や短大、専門学校を卒業している、もしくは、児童福祉施設で規定の実務経験を満たしていることとなります。

少子化でもニーズは増加

保育の必要性は高まり続けています。同時に保育士のニーズも上がっています。資格があれば働けるので、養成学校に通うのが一番でしょう。しっかりと勉強すれば問題なく合格できます。試験にも受験資格があり、大卒以外は実務経験が必要です。

なるために行うこと

女性

取得方法は様々あります

保育士の資格を得るには、おおまかに二つの方法があります。一つ目は、卒業すれば自動的に資格を取得することのできる学校に通うということです。学校は、保育士を養成する4年制大学や短期大学、専門学校や通信制の学校などです。メリットとしては、保育士資格を得るための試験を受けなくとも資格を手に入れられることが挙げられます。卒業すればどんな方でも得られるところが良い点だといえるでしょう。保育士養成校に通い卒業することで資格を得ることができますが、本当に厚生労働省の管轄である保育士養成校なのかを把握しておくことが後で後悔しないようにするために大切です。そして、もう一つの方法は学校に通わずに独学で勉強して、保育士試験に合格し資格を得るというものです。多少の受験資格の規定はありますが、保育士を志している方であれば誰でも受験することが可能となります。メリットとしては、高額な学費を払って学校に通う必要もなく資格を得られるところです。しかし、独学で試験に合格しなければならないためその分苦労をしなければならないともいえるでしょう。このように保育士になる方法は様々あり、自分に合ったものを選ぶことが最良だといえます。しかし、保育士資格も国家資格であるため、しっかりと決意を持ち、きちんと仕事をこなせるようにしなければなりません。現在では、待機児童が社会問題となっており、需要が高まってきているので一度なるのをあきらめたという方もチャレンジしてみる価値はあるといえます。

子どもの成長を見守る

保育士資格を取得するには、保育士試験に合格する方法と学校を卒業する方法があります。試験は合格率が2割程度と低いので、学校を卒業する方法がおすすめです。卒業するだけで資格取得できるので試験を受ける必要がありません。また、学校によっては、他の資格も同時に取得することが可能です。