保育士の資格を取ろう|憧れの職業に就くには

ウーマン

子どもの成長を見守る

保育園

保育はとても重要な仕事

様々な職業があるなかで、保育士はとても需要が高い職業です。都心部は待機児童問題が深刻で、保育園も保育士も足りていない状況です。保育士が足りていないことによる保育の質の低下なども、よく報道で取り上げられています。保育士になるためには、保育士資格が必要です。これは国家資格で、資格を取って保育士証が交付されれば、その後は更新などの必要はありません。結婚や出産などで一旦退職しても資格は有効なので、復職も容易にできます。需要も高いので、特に都心部では職場探しに困ることはないでしょう。資格を取得するには、保育士試験に合格する方法と、専門課程のある学校を卒業する方法があります。試験には受験資格があり、保育の現場で2年以上働いて、規定時間を超える必要があります。しかし、簡単に合格できる試験ではなく、合格率は2割程度です。学科試験と実技試験があり、9科目ある学科試験はすべてに合格しなければならないので、試験全体の合格率が低くなっています。また、働きながら試験勉強をすることになるので、うまく時間を使って勉強していく必要があります。それに対して学校に通う方法は、卒業すれば保育士資格を取得することができます。試験を受ける必要がないので、確実に保育士になりたいなら、学校に通う方法がおすすめです。専門課程のある学校なら、大学・短大・専門学校のどれでも良いので、最短2年で資格を取得できます。また、学校によっては、幼稚園教諭や小学校教諭などの資格も同時に取得できるのも、学校に通う方法のメリットです。